ドラム式洗濯機 
今や暮らしの中で欠かすことのできない存在である洗濯機。現在主流の洗濯機には縦型とドラム式がありますが、何がどんなふうに違うのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットと併せてご紹介します。

洗濯の仕方

ドラム式の洗濯の仕方は衣類を持ち上げてから落とす「叩き洗い」に、ドラムを急速に反転させて小刻みに衣類を動かす「揉み洗い」を組み合わせたもの。

さらにドラムの高速回転で洗剤液が洗濯物の繊維を勢いよく通過する「押し洗い」を加えたものもあります。

メリットは縦型に比べて圧倒的に少ない水量で洗濯できること。当然、水道代の節約につながりますよね。また少ない水に洗剤を溶かすため、洗剤の濃度が高く、特に皮脂汚れに効果を発揮します。

また衣類どおしが絡まりにくく、生地が傷みにくいというメリットもあります。

反面、少ない水で洗うため、洗濯で落ちた汚れや染料が色移りすることがあるというデメリットがあります。色落ちしやすいものや汚れのひどいものは分け洗いするのが正解です。

また柔軟剤を入れすぎると、衣類に残りやすく黒ずみの原因に。柔軟剤は適量を入れることが大切です。

タオルなどは叩き洗いのために繊維がつぶれてゴワつくことがありますが、これは乾燥機能を使うことで風合いを復活させることができますよ。

縦型の洗濯の仕方は、洗濯槽の底の羽を回転させることで生じる攪拌水流による揉み洗いです。

洗濯物同士をこすり合わせて汚れを落とすので、泥汚れなどの固形汚れに効果を発揮しますが、逆に衣類の傷みや絡みがドラム式よりも多くなってしまいます。

乾燥の方式

ドラム式の乾燥の方式はエアコンと同じ原理で乾燥させるヒートポンプ方式が主流。衣類を宙に舞わせながら乾燥させることができるというドラム式の特徴で、完璧な乾燥が可能です。

またヒートポンプで効率の良い熱交換を行うため、ヒーター方式よりも大幅に省エネです。

縦型の乾燥の方式はドライヤーのように温風で乾燥させるヒーター方式。衣類を洗濯機の底にある羽根ではね上げるようにして乾燥させるので、シワになりやすく、またしっかりとした乾燥は期待できません。

乾燥機能に関しては、縦型は補助機能程度に考えるのが良さそうです。

ドラム式と縦型、どう選ぶ?

小さなお子さんがいて泥汚れが多いご家庭なら、洗浄力の強い縦型を選ぶのが良いですね。ドラム式と比べると価格が安めなのも縦型の良い点です。

汚れはそれほどひどくなく、乾燥機能をフルに使いたいという方にはドラム式がおすすめです。逆にドラム式を購入したのに乾燥機能をあまり使わないと、タオルなどがゴワゴワになりやすいので注意が必要。

ドラム式を選ぶ場合は、サイズや重量が大きいということも考慮に入れましょう。